ライン

欧州の食肉用農耕馬の一部分からのみ採取される希少な革素材。

コードバン素材 ”CORDOVAN/コードバン”は、単なる”馬革”ではありません。欧州で食肉用に養われている農耕馬 の一部分(臀部からのみ)から採取される革素材のみが”CORDOVAN/コードバン”と呼ばれているのです。

サラブレッドやポニーといった馬種は対象外であるだけでなく、農耕馬であっても、極少量のみ採取 できる革素材なのです。

古くは、食肉用の農耕馬が沢山存在していたため、”コードバン素材”もとても身近な革製品として 多々活用されていました。革靴やランドセルなどとして、一般的な革素材となっていました。しかし、 近年、食用”馬肉”の需要が大きく減少・・それにともない農耕馬の数も年々減少傾向となっています。 一部革素材用に飼育されているものも存在していますが、大半は食肉用の農耕馬であり、”CORDOVAN” はあくまで、副産物として採取されている要素であることから、今後益々産出量が減少していくことが 想定されています。

ライン
ライン

”希少性”と”価値感”の高まり。

どちらかというと大衆的な革素材であった、”コードバン”は、近年希少性が高まると共に 、革素材としての価値感も高騰。今では、革素材の中でも、高級素材として最上位に位置づけられる 素材のひとつとなっています。

ゆえに、昔は「CORDOVANのランドセル、靴」といった革製品が多く存在していましたが、今では ほとんど姿を見かけなくなってきています。特に”ランドセル”などは大量の皮素材を使用することから 、本物のコードヴァン素材を使用したものは、皆無に等しく・・コードヴァンランドセルと呼ばれている ものの中には、”牛革”をコードヴァンに似たような 仕上がりに加工したものや、人工革を使用したものなどが存在するようになっていますので注意が 必要です。

ライン

”高い耐久性”に関する本質と誤解。

通常の皮革と”コードバン”では、革構造に大きな違いが存在しています。(構造的な違いがあるということ) 一般的な革素材は、”床”と呼ばれる基盤革繊維層 と”銀面”と呼ばれる、薄い革表面部位の二重構造で 構成されています。

それに対して”コードバン”は、”銀面”部位を削除(剥ぎ取り加工)することにより、”床”と 呼ばれる部位(農耕馬の臀部の床部位がコードバン層と呼ばれています。)・・すなわち”コードバン層” だけとした革素材であり、一重構造で構成されているのです。

”コードバン層(CORDOVAN素材)”は「繊維密度が高く」「繊維が同じ方向に揃っている(均一性)」のが 特徴です。”繊維密度の高さ”は、革表面の均一性・滑らかさ・自然な艶感を創出させる要素となると共に、 革素材としての”高い耐久性”を生み出す要素となっています。また、通常の革素材は”銀面”があることから 、銀面の歪み・膨らみ・損傷が時間経過と共に発生することになります。しかし、痛みの要因となる”銀面”部位 が無いコードバン素材は、革素材として末永く活用できる”高い耐久性”を持つこになるのです。

ここで注意が必要なのが、革素材としての耐久性の高さは上記のような仕組みで創出されているものである ということ。コードバンは、繊維方向が揃っていることから、”繊維断面方向”に対しては、非常に強い強度 を有していますが、”繊維方向”に対して、引っ張り力を加えた場合には、革素材の老朽化が進んでいると 案外簡単に”革が裂けてしまいやすい”特性があるのです。「耐久性」と「強度」という言葉は同じ意味のように 捉えてしまいがちですが、”意味の違い”があることをしっかり理解しておいていただければと思います。

*”コードヴァン”は「高い耐久性」がある革素材。
*”コードヴァン”は繊維断面方向には、「高い強度」がある。
*”コードヴァン”は繊維方向に対する「強度が低い」。

ライン

コードバン製品 contents

ライン

CORDOVAN contents

ライン

INFOMATION